私の職歴書②

社交ダンスの世界に6年いたので、浦島太郎状態。

社会人経験はないと言っても過言ではなく、普通に会社員が出来る自信がありませんでした。

動かないと始まりません。

職安に行って「設計」の文字のみで土木の会社へ応募。

土木の知識はなくても、優しい人ばかりの会社で1から教えてもらい、橋、高速道路の計画図面を書いていました。

今思えば、一番楽しい仕事でしたが、若気のいたり?で、辞めてしまいました。

当時お付き合いをしていた歯科医師のクリニックを手伝うことに。

クリニックで働くことに決めてすぐに、付き合っていた理事長が妻子持ちだと分かります。

前の会社を辞めた後だったので、もう最悪。

理事長とは別れ、一社員として仕事をする事にしました。

最初の立ち上げから、ほぼ無休で働いた5年間。

資格のある人に資格のない私が指示をする事が、本当にストレス!!

仕事内容も楽しくない・・・

歯科クリニックで働きながら、理事長の爬虫類の輸入販売を手伝い始めました。

人としては・・・?な人だけど、歯科医師としては腕が良かったし、

まー、腐っても歯医者だから信用して出資したお金1,500万。

爬虫類は、飛ぶように売れるんです。

でも注文から輸入までの時間が長く、光熱費も結構かかり、手伝う意味が分からなくなった頃には1,500万円!

色々なことがあって、私は手を引き、裁判もしましたがお金は1/5しか戻りませんでした。

教訓!人にお金を貸してはいけない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする